令和初の「お客様の声(お手紙)」をご紹介します。

令和2年2月末~3月初旬に、4日間で尾道市にあるご実家の片付けを施工させていただきました。

ご依頼をされたお客様から、感動のお手紙を頂戴いたしましたので、ご紹介させていただきます。

遠方からのご依頼でしたので、作業完了時にはお探しだったアルバムや母子手帳、貴重品、そして片付け前後の写真を宅配便でお送りいたしました。

(お客様からのいただいたお手紙より)

リサイク&片付け専門「かたづけじょうず」の皆様へ

突然の手紙で失礼致します。 この度は、〇〇家の片付けを引き受けてくださり、ありがとうございました。

今回の片付けで感動したことと、感謝したいことがいくつかあるのでお送りさせて頂きました。

片付け前後の写真を見ましたが、本当にきれいになっていました。 片付け前の写真を見ると、生活していた跡が生々しく残っている部分もあり、昔を思い出してしみじみとしました。

一方で、埃や虫や動物の死骸等で汚れている部分も多く、作業が大変であったことが容易に予想されました。 電気も通らない中、本当にお疲れさまでした。 猫にまで気を配ってくださり、ありがとうございました。

身内だけでは到底片付けられなかったので、本当に助かりました。

また、作業後に発掘された貴重品と写真を送って頂き、ありがとうございました。 丁寧に梱包、整理されていたので、開封後こちらでもすぐに整理することができました。

恐らく出てこないであろうと思われていた現金と母子手帳が発掘され、とても感動しました。

今回の家は、夫の実家になるのですが、夫自身も見たことのないものがたくさんあり、驚きが満載でした。 特に様々な写真を見ることで、今まで知らなかったことが明らかになり、有意義なものになりました。

発掘された物たちを見て、御社の底力なるものを感じました。

また、終始、電話連絡や必要書類の送付なども迅速柔軟に対応して頂き、ありがとうございました。 遠方からの依頼は不便になるかと思っていましたが、いつもスムーズに対応して頂き、とても良い印象を受けました。

私自身、片付けにはとても興味があり、ホームページやブログも拝見しています。 御社のように、物や物を持っていた人に対して、その思いを汲み取りながら作業する姿勢にはとても感動しました。

もちろん作業としては捨てることが多かったとは思いますが、様々なところで、御社の丁寧な思いを感じられました。 素敵な会社さんだと思います!

片付けを依頼する前に、丸ごと解体する案も出ていたのですが、片付けを依頼して本当に良かったです。 駐車スペースも限られている中、速やかに作業してくださり本当にありがとうございました。

長くなりましたが、皆様どうぞお元気でご活躍されますようにお祈り申し上げます。

(こちらこそ本当にありがとうございました。このような大変うれしいお手紙を頂戴し、職員一同 感激いたしました。これからも正直に、そして誠心誠意まごころ込めて、励みます。私達は真剣です。)

今年に入って現金発見→返却 すでに100万円超

令和2年3月に入って、4物件(遺品整理・生前整理)ともに1万円札の発見が続いております。

①令和2年3月2日(月)広島市安佐北区の遺品整理では、ベッドマットの下から封筒に入った5万円を含む7万円超えを発見→返却


②令和2年3月3日(火)広島県安芸郡府中町の生前整理の現場で、小引き出しの中から2万円含む4万円超え発見→返却

③令和2年3月6日(金)広島県尾道市の生前整理の現場では、整理タンスの下敷きの下から7万円含む10万円超え発見→返却

④令和2年3月9日(月)広島市西区の生前整理の現場では、小引き出しの中の封筒の中から6万円。さらに台所の引き出しの中の封筒から12万円、及び記念コインを含めて19万円超えの現金発見→返却

わずか10日たらずの4物件で38万円を超え、返却後のお客様のコメントは・・

「うちにはお金は無いと思っていたのに・・・」

「そんなところにどうして入れたのかしら・・・」

※そうなのです。人間はよく忘れるんです。私なんか2日前の夕食は何か?思い出せません。。

現金発見のポイントを少し解説するとすれば。。

ベッドマットの下や、押入れの布団の下の封筒には違和感を感じます。

小引き出しや整理タンスの下敷きの下の封筒にも同様に違和感を感じてください。

他人が探さない所の封筒には注意が必要です。

光に透かすとお札か紙きれか、すぐにわかります。

へそくりは意外な所の封筒が発見への近道です。

もう1つのポイントは、80代~90代の人は記念コイン(オリンピックや万博等)が大好きで、長期保管されている人が多い気がします。

記念コインは500円玉が中心で、郵便局や銀行からの動物型貯金箱(昭和レトロ)がコケシケースや棚の上にさりげなく置いてあり、中を開けてみると10枚~20枚入っていることが多い様です。

貨幣価値はあまり上がってませんが、等価交換(500円は500円)できます。

平均すれば1万円~2万円は出てくるようです。

令和2年2月22日(土)~23日(日) 山口県岩国市の6DK+納屋の遺品整理

当初、解体を考えられていたご依頼者(息子様)でしたが、かたづけ施工後の仕上がり状態に驚かれ、リフォームして身内の方が住まわれるとのことでした。

入口が道路工事の為トラックが入れず、搬出時間と人数に通常作業の2倍を要しました。

埋蔵金発見→返却

初日の仕分け・分別の際、いつも通りに名犬ダテ犬(ケン)が、お母様の遺品の中のたくさんの封筒の中から、約13万円を発見。

続いて、No.2のクロ犬がお父様の遺品の中から、財布を発見。中に11万円入っていました。

当日、立ち会われた息子様はビックリされ「身内で細かく探したが、記念コインしか発見出来なかった。それなのにこんなにたくさん出るなんて・・・。さすがにプロの仕事ですね。」とお褒めの言葉と感謝の言葉をいただきました。

埋蔵金内訳

令和2年1月31日(金)~2月1日(土) 広島県呉市の3~4年間空き家の遺品整理(一戸建2軒)

なんと、一軒あたり 最終お客様のご負担額は96,000円/軒 ですみました

現金発見→返却明細

最初にお見積りにお伺いした時「何かお探しものはありませんか?もちろん現金や貴重品は1円たりともキッチリ発見し、ご返却いたします」と申し上げました。

お客様からのお返事は「写真等も不要です。うちにはお金はないと思います。」と、息子さんはお答えになりました。

かたづけ施工後、「10万円以上現金がありました」とお伝えしたところ、ご返事は「へ~え、そんなに残ってました?」とビックリされてました。

1万円札、2千円札、千円札は4ツ折の状態で普通の封筒に入れてあり、引き出しの紙等の分別・仕分けの際に発見いたしました。

貯金箱は引き出しの奥から出てきて、どうやら亡くなられたお父様の節煙貯金(4日に1日だけというメモ付き)で、500円玉が174枚と100円玉も80枚以上入っており、合計で9万円以上。の節煙の努力のたまものでした。

買取査定のポイント

「不要な物」を「必要な人へ」 の架け橋

あなたのいらないが、きっと誰かの役に立つ

私達かたづけチームは、全員が「買取査定士」であり、買取が得意です

今回の買取総額 168,000円 

お父様・お母様が大切にされていた遺品の中には、息子様世代にはいらない物でも、私達のチームが誰か必要な人への「架け橋」になれればと思っています。

いろんな販売チャネルを駆使して「きっと誰かの役に立つ」という思いで、「リユース」「リサイクル」事業につなげていくことをモットーとしています。

今年4月には「蔵出館」のネーミングで、新たな売り場を創造する予定です。

「「昭和レトロ」や「生活骨董」の二本立てで準備しております。

あなたのいらないが、きっと誰かの役に立つ!

「蔵出(くらだし)」とは、大辞林によると「蔵から物を引き出すこと」「蔵から市場に出たばかりであること」など、本来はお酒について使う言葉のようです。

ですが、イラストコミュニケーション等で有名なピクシブ(Pixiv)関連のピクシブ百科事典によると、以下のような説明がありました。

長期間収納していて、ほとんど表に出すことがなかった物が、収納場所から外に出して、多くの人が触れられるような場所に置くこと。

まさに私達の仕事です。

「かたづけ屋」と「リユースショップ」のコラボの実現で、30~100年前の「昭和レトロ」と100年以上前の「生活骨董」の「蔵出館」が今、実現しようとしています。

あなたのいらないが、今、きっと誰かの役に立つ時が来た!

令和2年1月18日(土) メールに感激!

Yahoo! Japan からの 1通のメールに感激!

全文紹介します。

※落札者様のIDは伏せております。

ヤフオクでお客様からの「非常に良い・良い」評価は99.9%を今も維持しております。

この梱包の担当者は戦前生まれの今年75歳、この道20年の女性です。

まさに驚くべき後期高齢者です。

当社が「非常に良い・良い」評価99.9%を維持し続けられている原動力です。

精密な機械や、こわれやすい物は、丁寧な梱包が要求されます。

以前、ネットオークションに出品した「人形〇〇」についてお客様から、以下のような問合せメールがありました。

「〇〇さんはケガなどされてませんか?」

人形に対して最上級の扱いでの問い合わせでした。

それに対して、当方の返信メールは

「いたって健康でございます。ご安心を・・」

といった具合で、相手に対して同調したメール返信の内容を見た時、「相手」の立場に立った対応の大切さを痛感したのを思い出し、今回のYahoo! Japanからのメールを紹介させていただきました。

今後もお客様満足度99.9%を維持し続けます。

令和2年「リサイクル通信 新年号」に、元船井総研上席コンサルタントの福本晃氏の実践マーケティングから

今年の課題として、真剣に社員全員で取り組んでまいります。