令和3年10月24日(日)~26日(火) 広島市佐伯区の遺品整理&生前整理

なんと!!
こんな所から「へそくり300万円発見→返却」の巻

3段キャビネットの仕切りの奥から、300万円!

仕分け・分別時では、手前側の部分しか見えず、当社スタッフも未発見。

最終積み込み時に、引き出しが全て出たため、奥にあった「へそくり300万円発見→返却」に至りました。

早速、ご依頼主様にお渡しいたしましたら、大変お喜びのご様子で、帰り際に手土産まで頂戴いたしました。

本日の現金発見→返却 (内訳)

令和3年度の現金発見→返却は、1000万円まであと80万円
(今年の累計920万円超)

令和3年8月2日(月)~4日(水) 広島県安芸高田市の遺品整理

猛暑の中での数年間空き家の遺品整理でした。

現金発見→返却 22.6万円+α

今回の現金発見のポイントは、全て封筒の中でした。

たくさんの封筒を細かく仕分け・分別した結果だと思います。

その他、商品券やビール券もたくさん発見しました。→返却済み

ご依頼者様から「暑い中、本当にご苦労様」と感謝され、たくさんのご祝儀もいただき、感謝で暑さもふっとびました。

作業途中、2人ほど熱中症なのか、手や足の痙攣も発生する暑さでしたが。。

熱中症には「ポカリスエット」が効果的でした。

今回の「現金発見→返却」22.6万円を加算すると、令和3年の累計は「450万円超」となりました。

令和3年6月1日(火) 広島市安佐南区90代おじいちゃんの遺品整理(お孫さんよりご依頼)

「コロナの影響でお金がないので、へそくりを探してください」

こんな所にへそくりが・・・・

なんと35万円!

ご依頼者のお孫さんも大喜び♬

その他↓

  • 1000円札×5枚
  • 500円札×1枚
  • 100円札×1枚
  • その他小銭
【まとめ】 違和感を感じたら、最後の1枚までめくり、全てを分別する気持ちが大切

今年(令和3年)に入って、累計422万円発見→返却

令和3年5月8(土)~10(月) 広島県江田島市 一戸建 遺品整理

今回の物件について
  1. 田舎に行くほど荷物が多い
  2. 押入れ屋根裏まで布団の山
  3. 隠し引き出しタンス

施工前、ご依頼者様より「ウチにはお金はないよ」

でも、今回も出てきました。

合計で25万円+α
つづいて、5万円

引き出しの底から、記念コインの塊

これで、今年(令和3年)に入って、375万円突破!

現金発見のカギは「隠し場所」の発見。

その次のステップは・・・、

100万円までは「封筒」

100万円以上は「布ギレ巻き」

最後は、全て中まで確認

「かたづけじょうず」の現金発見の最高記録は、1ケ所1780万円! 第2位は1680万円。第3位は400万円。これらは全て布ギレ巻きの状態でした。

大切な事は、全て返却することです。(正直に・・)

ご依頼者様のお喜びが励みになります。

広島まるごと片付けマン談


片付けマンの「現金発見→返却」日記パート1

前回ご紹介の 4/11(日)~13(火)広島市安佐北区遺品整理 より

本棚の本の間から50万円発見→返却

そして、お客様から探し物ご依頼のあった「権利書」→登記済証券?

施工から10日後、持ち帰った荷物の中から、リユース店舗の品出し中に発見しました! よかった!