令和4年5月3日 広島県竹原市お母様一周忌の遺品整理

ご依頼者様(息子様)は、1年をかけご実家の片付けをコツコツと実施されておりました。

このたびお母様の一周忌をむかえ、最後のやり残しの片付けのご依頼でした。

ご依頼者様ご自身も2Fの寝室より50万円の現金を発見されており、まだ「へそくり」が残されている可能性もあり、探すようご依頼されました。

まず最初のポイントは「お母様は現金を渡される前には必ず2Fへ上がられていた」というご依頼者様からの情報がポイントでした。

2Fの着物タンス最下段、収められた着物の間にサンドイッチ状態で封筒が数枚ありました。

50万円+10万円+10万円+10万円+1万円+1万円で、合計82万円を発見。

続けて、その上の段の引き出しから、やはり封筒入りで50万円+50万円の100万円発見。

今回は、しめて「182万円」の現金発見→返却済。

ご依頼者様は大喜び、大変感謝されました。

まとめ

1.小さな情報でも現金発見の糸口に近づける

2.タンスの最下段は要注意ポイント

今年(令和4年)の現金発見→返却 累計864万円(目標の1000万円まで残り136万円)

令和4年4月26日(月) 広島市中区市営住宅遺品整理

「お客様の満足の先を求めて・・」

現金発見→返却のポイント

最初の発見は、押入れの中のたくさんあったバッグのひとつから、約9万円を発見。

バッグの中には、ポケットティッシュ・筆記用具等入っていますが、財布と封筒は要注意。

今回は財布が残っており、その中から出てきました。

2度目の発見は、洋服タンスの吊るしたズボンのポケットからの財布でした。(2万円+α)

上着のポケットも要注意ポイントです。

3度目の発見は、仏壇引き出しの中の封筒の中から。旧札の百円札40と数枚。(懐かしい・・)

その他、1000円、500円の記念コインも引き出しから出て来ました。

しめて「約12万円発見→返却済み」です。

お客様からの「探し物」他、ご要望も全てクリアしました。

【まとめ】

 1.お客様の満足の先を求めて、地道にコツコツひとつずつ解決

 2.最大の満足は予想を超える正直さと誠実さ

今年(令和4年)の現金→返却 累計682万円超(年間目標1000万円まであと318万円)

令和4年3月19日(土)~20日(日) 広島県呉市遺品整理

【現金発見→返却】今年(令和4年) 最高額606万円

↓↓ ◆最初の発見は、食卓テーブルのイスとクッションの間に6万円。

↓↓ ◆続いて押入れ下段のダンボールの中から、ビニール袋に包まれて600万円!

身内の方も数名、事前にお探しになったのに気付かず。

当社スタッフが簡単に発見(合計606万円)

その日のうちにご返却にお伺いすると、奥様より「おたくは正直じゃねぇ~~」とお褒めのことばもいただきました。

さらに、ドレッサーの椅子のフタをあけると「宝石箱」のおまけ付。

中にはアクセサリーもたくさん入っており、現金606万円と一緒にご返却ずみ。

まとめ 「今年(令和4年)の現金発見→返却 累計額は670万円」

 1.お宝発見のポイントは、隠す人の気持ちに立って対応する。
 2.最後の1枚まで、はがす・めくる・ほどく・分別は仕分けの精神で・・・

今回の現金発見→返却の606万円は歴代4位の高額発見

令和4年3月7日(月)~9日(水) 広島市西区引っ越しに伴う片付け(賃貸住宅の現状復旧)

「詰め込み部屋」の片付け遍
物で一杯のお部屋の片付け方
  1. 侵入通路の確保
  2. 作業(仕分け、分別)空間をつくる
  3. 搬出経路の複数化(窓等)

山のような荷物の中にお宝たくさん!

現金40万円超。貴金属もたくさん。

最終日、押入れタンスの最下段を引き抜くと、なんとその下から「聖徳太子さま」。(旧1万円札、他45,000円超えのおまけ付)

まとめ
 
 今年(令和4年)「現金発見→返却」は累計で64万円。

昨年(令和3年)の940万円には程遠いですが、目標は1000万円超ですので、残り10ケ月「現金発見→返却」し続けます。

【特別編】コロナ過における遺品整理・生前整理

新型コロナを身近に感じたのは、一昨年の11月。

スタッフの一人が濃厚接触者に該当し(PCR検査では陰性でしたが・・)保健所の指示により、「外出の自粛(自宅待機)2週間(14日間)」となり、当初のスケジュール変更をせざるを得ない事態となりました。

本人もコンビニさえ行けず、食糧の差し入れなど、業務にも影響が生じました。

「新型コロナ」対策には「マスク」「手の消毒」の他に3密(密閉・密集・密接)があります。

Three Cs・3Cs(英語圏)

現場での作業に「3密」対策も必要となります。

①「密閉」→作業中は窓の開放(冬は寒く、夏は暑い)
②「密集」→一部屋1人の仕分け分別作業(ソーシャルディスタンス)
③「密接」→カギ預かりサービスの実施(最近では70% OK)

小さな対策ですが、遺品整理・生前整理の現場や、店舗においても「新型コロナ」対策は必要です。

店舗入り口・全てのドアは、換気のため常時開放しています。
店舗入り口では、アルコール消毒をお願いしております。
買取窓口・レジカウンター共に、飛沫防止シートを設置しています。
買取させていただいたお客様には、粗品として携帯用除菌シートをお渡ししています。