新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

令和2年元旦

株式会社ビーンズ広島 代表社員 伊達憲司

(やりくりじょうず、かたづけじょうず、ちゃりんこはうす)

令和2年の年次モットー

初心に帰って

「清く・正しく・美しく」に決定!

宝塚歌劇団のモットーでもある「清く・正しく・美しく」 何故この言葉を選んだか。

令和元年秋、我が社にとって平成6年の創業以来、最大の危機に接したからです。

店舗を借りている大家さんから「1億6千万円でこの店舗を買わないか?」と持ち掛けられました。(大家さんはこの物件を手放すとのこと)

現在の「やりくりじょうず店舗」 広島市安佐北区可部南3-9-35

土地(500坪)を担保に銀行から借り入れも考えてみましたが、35年後(私は103歳)とても生きてはいないし、後を引き継ぐ人にも負担はかかるし、他の場所を探す選択をしました。

「今の店舗の半分しかスペースがないけれど、(私たちの希望条件である)100坪程度の倉庫と100坪程度の店舗が併設された居ぬき物件がある」と、縁あって地元の地主さんからご紹介いただき、今はそちらへ店舗移転を計画しております。

移転時期は令和2年4月です。

この決断にあたり、一冊の本にめぐり逢いました。

その本が、丹羽宇一郎さんの「社長ってなんだ!(講談社刊)」でした。

伊藤忠商事の元社長のこの本の中での最大のポイントは「社長の最大の仕事は、最大の資産である人間をどのように生かし、動かし、活用するかだ」と述べておらます。

さらに「社員の雇用を守り、育成することが社長の務めである」そして、その前提が「清く・正しく・美しく」であったように思い、令和2年の我が社の第二の創業期にこのように決めました。

創業27年目に入り、我が社は世間からみれば非常識な戦略で乗り切ってまいりました。

その5例を挙げますと。

1.みんな平等 「さん付け」奨励

 社長も対外的には「代表社員」、社内的には「ダテさん」

2.給料は現金払い(手渡し)

3.ボーナスは年24回(釣れた魚の現物支給)

(源泉徴収税額は発生しません)

4.定年制限はなし

(本人が定年だと思った時が定年)

5.店舗での値付けは「自分が買いたい」と思った値段

したがって、100円の次は300円、その次は500円、その次は1000円(税別)

1000円では高いと思ったら500円に。

500円では高いと思ったら300円に。

300円では高いと思ったら100円に。

100円では高いと思ったら「無料コーナー(令和元年新設)」に。

無料コーナー(やりくりじょうず2F)

とても簡単なやり方です。(おかげで無料コーナーは大盛況!)

店舗での平均年齢は70歳。

最年長77歳、まだまだ元気で100歳まで働くかもしれません。

第二創業期の考え方の目玉は、2F売り場(25坪)に新設する「アンティーク・ギャラリー(入場料100円予定)」

またもや非常識売り場です。

中国新聞より

品揃えは、100年以上前の人が生きていた証の美しいと感動した物「生活骨董」、そして30年~100年前の「なつかしい昭和レトロ」の2本立てで、インスタ映えするような物を「かたづけ」の仕事を通じ集めた品を陳列する計画です。

担当には、新入社員(20歳)を活用する予定です。

店舗での販売もしますが、ネットショップでの販売を計画しています。

今、当店の大人気「無料コーナー」は、今の2F(2等立地)から店頭(1等地)で展開を考えております。

新店舗の立地は3等立地で生活道路(4m)沿いです。

家賃も今の70万円/月から半分になるため、負担は少なくなり、気が楽になりました。

ただし、お客さんから「喜ばれる」ことを優先して、今から5年間つねに新しいことに挑戦し、後任者にバトンタッチしてゆきたいと思います。

(自分から立候補する社員が育つことを祈っています)

最後に本当の意味での「やりくりじょうず」「かたづけじょうず」をめざして、当社の社員に向けて道しるべと作りました。

(仕分け・分別の3段階活用法と名付けました)

新規の取り組みには、新入社員を担当に決め「給料」+「出来高(売り上げの10%)」を加算し、完成させてゆきます。

「出来高」しだいでは、令和元年11月には、社長より給料の多い社員も出現しております。

ちなみに社長の給料は50万円/月です。

もうすぐ年金支給(70歳か?)もありますので、今後の給料は20万円くらいになる予定です。

ですので、社員全員が社長の給料を上回ることが予想されます。

ボーナス回数も今の24回→53回/年となり、魚釣りの回数が増えることも考えられます。

13人の社員をはじめ、その家族33人とペット10匹の幸福度もアップする年となるよう願っております。

「清く・正しく・美しく」 をモットーに

3等立地での成功はなるか?

非常識な戦略にかかっています。

乞うご期待・・

令和元年「埋蔵金発見→返却」最大で1億円超え!のご報告

平成31年→令和元年と、今年もいろいろ体験させていただきありがとうございました。

「埋蔵金発見→返却」 も大変進化したようです。

現金発見は、昨年の500万円超えには及びませんでしたが、今年も300万円超え。

さらに、通帳・債券・出資金・貴金属等の発見は大幅増加でした。

「かたづけ」チームに2名増員もあり、より細かな仕分け・分別のレベルも向上したようです。(7名体制が整いました)

「かたづけじょうず」も今年の流行語大賞の「ワンチーム」をみならい、相当レベルアップしたようです。(名犬 ONE TEAM)

来年も、干支である埋蔵ねずみ?を最後まであきらめることなく、猫に代わって名犬ワンチームで、埋蔵金発見→返却につとめ、お客様のお喜びになる顔を励みにさらなる進化をしてまいります。

名犬ダテ犬をはじめ、実績No.2の黒犬(くろケン ニューフェース)に続く柴犬に近いシゲ犬、高倉犬(たかくらケン)、柳犬(りゅーケン)、そして新入社員のホープ!20才のリョウ犬、をリードをうまくコントロールする個人情報保護士のタニケン(雌)も加わり、総勢7匹のワンちゃんでお客様のお喜びに向かって大行進してゆきます。

(犬名についてはスタッフ紹介を参照)

令和元年「埋蔵金発見→返却」のごく一部をご紹介

令和元年12月10日~11日 広島市安佐南区の9年空き家の遺品整理

息子さんをはじめご家族の方で、ご実家を3日間かけて片付けされた後、の遺品整理でした。

埋蔵金発見→返却

その他、定期預金をはじめ5銀行13冊の通帳発見。

残高はしめて約6500万円!

1冊でも解約されていないものが有る事を祈って、息子さんにお渡しいたしました。

「どこからこんなに出てきたか?」と問われましたので「皆さんが分別されたゴミ袋の中にありました」とお答えいたしました。

最初に発見したのは名犬ダテ犬でした。

食器等のゴミの中に布袋があったので、可燃と不燃の分別のため、中を改めたところ現金3万円と通帳13冊を発見。

台所で作業していたクロ犬(令和に入って仲間になりました。とにかく好奇心のかたまり人間です。今ではダテ犬に続いて現金発見№2です)が、「ゴミ袋がたくさん残っているので、中を分別する」と言ってきました。

名犬ダテ犬は「財布と封筒の中を確認してください。」と答えました。

さすがは好奇心旺盛なクロ犬です。

封筒の中から、続けて3万円、4万円、3万円と図書券、商品券と4回に渡って埋蔵金を発見したようです。

クロ犬が埋蔵金発見したと報告にきましたので、スマホで証拠写真を撮りました。

今回は、過去最高の最大6500万円超えの埋蔵金発見でした。

最終日にはお客様より、今回かたづけに参加した6名全員にお心付けをいただき、やりがいのある一日になりました。

正直者には福来たる!

令和元年12月1日(日) 無料コーナー中間報告

8/10にオープンして、3ケ月が経過した無料コーナーですが、いろいろありましたが順調に推移し、ご来店のお客様も大変喜んでいるようです。

重い物や大型の布団や座布団は、店頭に移し、運びやすくしてみました。

毎日1~2㎥(軽トラ1/2~1杯)は減っていますが、最近では無料コーナーのお客様の目も肥えてきて、売れ筋と死に筋が明確になってきております。

お帰りの際「これもらって行くね」「ありがとう」と、レジの人に声をかけるお客様もたくさんおられます。

オープン当初、持ち帰り用袋(レジ袋:大)と「善意の竹筒」を置き、ご利用いただいたお客様から善意の10円を竹筒の中に入れてもらっております。

竹筒の中は、毎月回収してカウントしております。

オープン4ケ月目の11月は、1000円札が2枚も入っており、過去最高の回収額で、累計で15000円を超えてきました。(皆様の善意を寄付されていただきます)

この善意の竹筒をそのまま持ち帰ろうとした人が、今までに2人いましたが、表示もダブルにしたり改善の結果、1袋につき10円の積み重ねで「チリも積もれば山となる」 年内には2万円に達する予定です。

それにしても千円札をお入れになった方はすごいです。(絶対に善意を無駄にはしません。)

袋の数に対して、10円の回収率は約50%!

手に持って帰られるお客様も多く、4ケ月弱で15000円も集まるなんて思ってませんでした。

月を追うごとに回収金は増加しており、この無料コーナーは成功のようです。

当店の11月度のゴミ処分費は130万円/月で、過去最高額でした。

この無料コーナーがなければ、180万円/月は超えていました。(差額50万円/月は無料コーナーのおかげです)

この無料コーナーを作るのに100万円経費がかかりましたが、3ケ月のゴミ処分費でプラスマイナス0となり、これからが利益貢献になると思われます。

成功のポイントは当方の利益ではなく、相手(お客様)の喜びです。

「え~っ!こんな物がタダ!」の発想が、成功への道だと思いますので、これからも手を変え、品を変え、挑戦し続けたいと思います。

無料コーナーは、家のかたづけの際の「もったいない」の積み重ねです。

(無料コーナー設置中間報告でした)だてケン

令和元年11月3日(日)~13日(水)延べ4日間 広島市安佐南区引っ越し後の空き家片付け

令和入っての失敗談 パート2

パート1 床下収納庫と思いきや・・
なんと、階段があり「地下収納庫」!
人が1人入って、棚も数段ありビン類も多数収納ありました。
パート2 屋根裏に通じるドアに見積り時に気が付かず・・
施工時に発見し、中に入ると本や衣類の山・・

パート1、パート2とも、見積り時には全く気が付かず、両方で2tトラック1杯分の見積もり漏れ・・。失敗しました。

当社は、最初の見積り時にお客様ご負担額の最大値で提案し「追加料金は一切いただきません」の保証をしています。

この負担は当社持ち。(8万円くらいの損になりました。)

埋蔵金発見→返却


仕分けと分別をキメ細かく実施すれば、埋蔵金は必ず発見できます。

大切なことは、「必ず返却する」という約束事です。

当社は、必ず返却いたします。

このことがお客様が一番お喜びになります。