令和4年6月11日(土) 広島市南区遺品整理

その人の「生きてきた証(あかし)」

・地元広島のパンメーカー「タカキベーカリー」のマーガレットクラブのシール集め。

・総数は3500点(200円のお買い上げにつきシールが1枚もらえる)

ざっと計算してみました。

期間は1日200円のお買い上げとして約10年間

総額で約70万円以上のお買い上げ。

何を求めて集めていたのか?

(タカキベーカリーさん「マーガレット・クラブ」のホームページより。)

最高5800点 バルミューダ ザ・トースター

この商品まで、あと5年(累計で15年かかる)

今ある3500点を使うと、1500点でもらえる以下の2点がゲットできます。

象印オーブントースター「こんがり倶楽部」+ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッドメガ マグSペア

遺品整理の仕分け・分別をしていますと、このシールと会員ノート(台紙)は、よく発見されます。

女性の方がコツコツ集めてこられたのを感じ、捨てることのできない一品です。

まとめ

 遺品整理で大切なことのひとつに、その人が「生きてきた証」を感じつつ、向きあう姿勢が大切です。

(追加)

※貴金属買取 12万円
※さらに現金発見→返却25万円

今年(令和4年)の現金発見は累計900万円となりました。

年間目標1000万円まで、あと100万円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。