令和3年12月14日(火)広島市南区80代女性 遺品整理

県営・市営の賃貸アパート等の退去時の「現状復旧」についての注意点を述べてみます。

  •  ステップ1:荷物の片付け(分別・仕分け・搬出)
  •  ステップ2:畳、襖、障子、ガラス等の補修(リフォーム)
  •  ステップ3:元の状態への清掃(ハウスクリーニング)

私達の片付け代行業者は、上記の「ステップ1」にプラスして、簡単清掃サービスを行います。

今回の物件でのご依頼では、以下の2点がポイントでした。

  1.  工作物(アコーディオンカーテン・手すり)の撤去
  2.  原爆手帳の探し物

(Before)

(After)


(Before)

(After)


(Before)

(After)


(Before)

(After)


片付け後の次の段階、リフォームそしてハウスクリーニングといった「現状復旧」が「よりやり易い」かがポイントになる仕様が大切です。

 来年2022年(令和4年)の私達は、「人の喜ぶ幸福」がテーマです。

 施工後のAfter写真が、「よりキレイ」に、「より気持ちの良い」仕上げになるよう、ご依頼者様に代わって行う「片付け代行」をより心がけ、「人の喜ぶ幸福」を合言葉にワンチームで新しい年に向かっていきます。

 今回の片付け施工で「原爆手帳」だけ、最後まで発見できませんでしたが、お客様のご要望には100%全力で尽くすよう努めてまいります。

 皆様におかれましては、来年こそ良い年でありますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です