令和2年4月11日(土),17日(金),20日(月),21日(火) 広島市西区遺品整理

過去最大の現金発見(初の1000万円超)→返却

ご依頼者様(息子様)のお母様も時間をかけて片付けされたそうですが、お亡くなりになられたおばあ様は「へそくりの名人」のようで、目線150cm以内の高さの位置数か所に分けて隠されておりました。

①最大は、屋根納戸の化粧缶の中から、布きれにくるんで400万円
(但し名犬ダテ犬でもニオイ臭いはしなかったと言ってます)


②小さめのチェスト引き出しの底の紙の下から120万円
(名犬ダテ犬発見)
③神棚(押入れ)の裏から、同じく布きれにくるんで100万円
(名犬ダテ犬発見)
④押入れの茶入れの底から、なぜか99万円
※何度も数えましたが、99枚しかありません?
(名犬ダテ犬発見)
⑤整理タンスの引き出し奥のスキマより80万円
(広島県の高倉犬発見)
⑥和タンスの底の下敷きの下から66万円
(名犬ダテ犬発見)
⑦階段のカーペットの下から60万1千円
(名犬ダテ犬発見)

※その他、黒犬、シゲ犬、リュー犬、リョー犬も少額ですが、現金発見全員達成

とにかく、かくされた現金は女性目線(150cm以下)に統一されておりました。

スタッフ全員で仕分け分別後、まとめ集計しました。(小銭の分別に4時間かかりました)

※4月21日(火)追加発見

お店に持ち帰ったバッグの中から、1780万円を発見しました。
(お店のパートさんが発見)

もちろん、お客様にお返しに行きました。

さらに、現場清掃中にジュータンの下から5万円も見つかり(新入社員リョー犬発見)、最終合計で2828万円となりで、現金発見の新記録達成でした。

私たちの「かたづけじょうず」チームは、仕分け・分別に時間をかけて、入れ物や引き出しの底まで確認します。(ココがポイントです。ためしてみてください。)

丁寧な作業がモットーで、たとえ1円たりとも発見→返却が約束事です。(必ず守ります)

最後にお客様より「おたくに頼んで本当に良かった。」と言っていただけるのがスタッフにとって最大の励みになります。

お客様の経済的最終ご負担額を少なくすることが、「プロ」集団としての私達の役割です。

「プロとは素人が考えられないことを簡単にやってのけること」をモットーに、よりプロ集団をめざします。(かたづけじょうずワンチーム)

今、新型コロナの影響で不透明な時代の中に、久々にの笑いの時を持ちました。

片付け現場に参加した7匹の迷犬&後方支援の6名のパートさんで、今回の合計2828万円の発見→返却に、みんなが明るい話題でニコニコ笑顔になりました。

お客様からもお心遣いをいただき、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です