令和元年12月1日(日) 無料コーナー中間報告

8/10にオープンして、3ケ月が経過した無料コーナーですが、いろいろありましたが順調に推移し、ご来店のお客様も大変喜んでいるようです。

重い物や大型の布団や座布団は、店頭に移し、運びやすくしてみました。

毎日1~2㎥(軽トラ1/2~1杯)は減っていますが、最近では無料コーナーのお客様の目も肥えてきて、売れ筋と死に筋が明確になってきております。

お帰りの際「これもらって行くね」「ありがとう」と、レジの人に声をかけるお客様もたくさんおられます。

オープン当初、持ち帰り用袋(レジ袋:大)と「善意の竹筒」を置き、ご利用いただいたお客様から善意の10円を竹筒の中に入れてもらっております。

竹筒の中は、毎月回収してカウントしております。

オープン4ケ月目の11月は、1000円札が2枚も入っており、過去最高の回収額で、累計で15000円を超えてきました。(皆様の善意を寄付されていただきます)

この善意の竹筒をそのまま持ち帰ろうとした人が、今までに2人いましたが、表示もダブルにしたり改善の結果、1袋につき10円の積み重ねで「チリも積もれば山となる」 年内には2万円に達する予定です。

それにしても千円札をお入れになった方はすごいです。(絶対に善意を無駄にはしません。)

袋の数に対して、10円の回収率は約50%!

手に持って帰られるお客様も多く、4ケ月弱で15000円も集まるなんて思ってませんでした。

月を追うごとに回収金は増加しており、この無料コーナーは成功のようです。

当店の11月度のゴミ処分費は130万円/月で、過去最高額でした。

この無料コーナーがなければ、180万円/月は超えていました。(差額50万円/月は無料コーナーのおかげです)

この無料コーナーを作るのに100万円経費がかかりましたが、3ケ月のゴミ処分費でプラスマイナス0となり、これからが利益貢献になると思われます。

成功のポイントは当方の利益ではなく、相手(お客様)の喜びです。

「え~っ!こんな物がタダ!」の発想が、成功への道だと思いますので、これからも手を変え、品を変え、挑戦し続けたいと思います。

無料コーナーは、家のかたづけの際の「もったいない」の積み重ねです。

(無料コーナー設置中間報告でした)だてケン