平成31年3月19日(火)~21日(木) 広島市安芸区

7DK一戸建て、空き家5年の遺品整理(片付け35万円、買取7万円)

埋蔵金発見!

初日、朱肉の下から1万円記念銀貨ほか、500円玉4枚発見

2日目、布団の下から銀行の袋を発見!

開けてみれば、10万ナントカ?×17枚。

早速、お店の後方支援部隊に写メール送信し、なにか調べてみることに。

お札はドイツのマルク紙幣で(1マルク=70-80円、ひょっとして1億円超??!)、今から100年ほど前の1923年、ハイパーインフレ時代の紙幣だということがわかりました。

170万マルクでも、玉子1個も買えない紙クズ同然の紙幣だとわかり、がっかり・・・(泣)

●布団の下も要注意●

ココまでやるの~

倉庫の中、アシナガバチが集まっていました。

まず「安全」確保のため、フマキラーをシューッとかけて皆殺し・・・

(アシナガバチの巣だけが15個位、倉庫の中に残っていました。
空き家はハチが住みやすい・・

「こんな物」買取します (施工後に値引き)

ブロンズレリーフ「歓」喜ぶ少女 彫刻家 北村西望

(代表作品には、長崎の平和祈念像などがあります)

買取価格 1000円

ブロンズ像だと1万円以上でした。レリーフでは、ヤフーオークションで3~4千円で落札されております。

レリーフでは、ヤフーオークションで3~4千円で落札されております。

金庫(小)、当初カギがなく、ダイヤル番号も不明・・

買取価格 1000円

我らチーム内で、現金発見ダントツ№1のだて犬(ケン)が、台所のタンスの裏に貼っていた「ダイヤル№の紙」と、同じ台所の引き出しの中からカギも発見!

サスガ!だて犬(ケン)、なんとニオイでわかるそうです。

お家に犬3匹、猫4匹と同居の成果が生きています(笑)

おまけで、茶筒の中から実印ほか、印鑑登録証カードも発見(よくハナがききます)

今回の物件、3人のチームで遺品整理の作業をしておりますが、現金発見総額1万3000円のうち、1万2900円は名犬だて犬(ケン)の成果です。

100年以上前の家具も買取ました。

中途半端な古さの家具は、民芸家具以外は売れませんが、江戸時代のものはそれなりにファンがいます。

買取価格 2万円

その他、古本(限定400冊 箱入り)も買取いたしました。

買取価格 1万円

骨董品もあり、仕分け・分別に丸2日間、搬出は1日で終了いたしました。

(見積り当初の買取4万円→7万円に上乗せしました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です