令和4年9月12日~16日 広島市安佐北区 遺品整理

令和4年度「現金発見⇒返却」

累計額で目標の1000万円突破!(累計で1112万円)

記念すべき現金は、なんとダンボールの中で新聞紙にサンドイッチされていました。(200万円・10枚×20束)

発見者は、入社2ケ月の新入社員のO君。

初めての快挙に少し興奮気味。

会社からの報奨金「ドラえもん賞=1万円」も初めてのゲット!

(左)ドラえもん賞1万円 (右)ドラミ賞5千円

さらにエース「ダテけん」が、5000円の記念コインを2枚追加発見。

しめて、201万円+小銭と骨董品&アクセサリーを、ご依頼者様にご返却いたしました。

お見積り時には「うちには大したものはありません」と、言っていたお客様。

「へぇぇ、どこから出てきました?」

「そういえば、、親からそんな話を聞いたことがあった」とか・・・

こちらとしても、普段通りの正直な行為でしたが、大変なお喜びであったのが印象的でした。

まとめ

 今年(令和4年)の現金発見⇒返却は累計で1112万円
 (決してネコババはなし)

令和4年9月2日~3日 広島市安佐北区生前整理(借家の原状復旧)

借家で一人暮らしをされていたお父様が、施設に入居され、借りた元の状態に、とのご依頼でした。(息子様よりご依頼)

借家の原状復旧での大きな問題が3点

①車検切れの軽トラックの処分 ⇒ 車屋さんに依頼(ユニック車の手配)

②物置の解体処分 ⇒ 最終日に解体処分

③ご供養の済んでいない仏壇 ⇒ 仏壇屋さんに持ち込み合同供養

さらにおまけつき。(現金6万円強)+(貴重品)を発見しました。

得意の「現金発見⇒返却」です。

生前整理でも、現金はよく発見できます。

まとめ

 今年(令和4年)の現金発見⇒返却 累計は911万円

 昨年(令和3年)の実績(930万円)まで残り19万円

令和4年8月22日(月) 広島市西区遺品整理(孤独死)現場

当日、広島県は「熱中症警戒アラート」発生市内の最高気温は34度

今回のケースは特殊清掃と呼ばれる現場です。

まず準備物が大きく異なります。

  • オゾン発生器(除菌・消臭用) 第一段階
  • 除菌・脱臭スプレー      第二段階
  • フードのあるツナギ服(髪の毛までカバーします)
  • くつカバー(使い捨て)
  • ビニール手袋(使い捨て)

急死された方はお亡くなりになるにはまだまだ早く。。胸が痛みます。

作業の前に合掌をして心からの哀悼の意を込め、そして作業に入らせていただきました。

2つの方法で消臭・消毒を試みましたが、消臭については70%ぐらい。

なかなか完全にはいきません。

令和4年7月15日 広島市南区遺品整理

「生きてきた証(あかし)」

突然の死 40代男性。

1Kアパートの遺品整理の片付け代行をしながら・・たくさんのDVDを整理。

たくさんの洋画を見ながら、ひとりで楽しんでいらしたんだな。。

この方の人生の一部をかいま見る。。

もっともっとたくさん、ひとりでDVDを鑑賞したかったのでは。。と思いながら。

令和4年6月11日(土) 広島市南区遺品整理

その人の「生きてきた証(あかし)」

・地元広島のパンメーカー「タカキベーカリー」のマーガレットクラブのシール集め。

・総数は3500点(200円のお買い上げにつきシールが1枚もらえる)

ざっと計算してみました。

期間は1日200円のお買い上げとして約10年間

総額で約70万円以上のお買い上げ。

何を求めて集めていたのか?

(タカキベーカリーさん「マーガレット・クラブ」のホームページより。)

最高5800点 バルミューダ ザ・トースター

この商品まで、あと5年(累計で15年かかる)

今ある3500点を使うと、1500点でもらえる以下の2点がゲットできます。

象印オーブントースター「こんがり倶楽部」+ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッドメガ マグSペア

遺品整理の仕分け・分別をしていますと、このシールと会員ノート(台紙)は、よく発見されます。

女性の方がコツコツ集めてこられたのを感じ、捨てることのできない一品です。

まとめ

 遺品整理で大切なことのひとつに、その人が「生きてきた証」を感じつつ、向きあう姿勢が大切です。

(追加)

※貴金属買取 12万円
※さらに現金発見→返却25万円

今年(令和4年)の現金発見は累計900万円となりました。

年間目標1000万円まで、あと100万円。